健康や美容のため1日どれ位の量の水を飲むのがベストなのか?

よく、朝起きたらコップ一杯の水を飲め!的な話を聞きますが、その理由は寝ている間に失われた水分を補給するためだったりします。

寝ている間にそんなにドコから水分が出て行った?寝起きでトイレに行ったアレかな?と思うかも知れませんが、それ以外にも結構寝汗をかいていまして、それが蒸発して水分を失って行くので、朝起きたら一杯の水が必要と言う事になるのです。

このコップ一杯の水がかなり重要で、ドロドロになった血をサラサラにもどしたり、乾燥したお肌に水分を潤わせたり身体に溜まっている排泄物の排出を促したりと、健康や美容にとても役立つのです。

そうやって知らず知らずのうちに人は汗をかいているのですが他にも、一日中家でじっとして殆ど動かない生活をしていたとしても、生きている限りは口から鼻から皮膚から呼吸してその呼気の中に含まれている水分が放出されて行ったりして、身体の中の水分がドンドン無くなっているのです。

特に汗を大量にかく夏場は、他の季節の倍以上の水分を補給するのが望ましいともされているのです。

では、1日当たりどれ位の水を飲むのがベスト?なのかと言うと、2L程度が妥当と言う話を耳にした事もあるかも知れません。

日中起きている時間もさることながら、起きている時間と同様に長い睡眠時間の事を考えると、日中に失われる量とほぼ同じ位の水分を失っている事にもなるのです。

そんな風に水分補給して人は生命を維持したり美容と健康を促進させたりしているのですが、じゃあ、2L以上水を飲んだらいけないのか?と言うとそんな事はありません。

ただ、頑張っても3L位が妥当の様です。と言うのも、あんまり水を飲み過ぎるとその所為で血が薄くなったり、水分が多過ぎて身体が全体的にむくんで来たりするという弊害も起きます。

過度に水を大量に摂取すると、人によっては水中毒と言う状況に陥るばあいがあるのです。

摂取していた水が、ただの水では無くて電解質を含むミネラルウォーターだった場合はまだたくさん飲んでいても大丈夫な場合がありますが、ただのキレイなミネラル含有率の低い軟水のミネラルウォーターだと、血中のナトリウム濃度が下がり過ぎて低ナトリウム血症と言う病になる場合があるのです。

なので健康のため美容のためと言って水をたくさん摂っている人が身近に居られましたら、あんまり大量に水を飲むのは控えた方が良い事を注意してみてください。

また、水分補給していないと喉が渇いて仕方がない!と言う人はもしかしたら別の病気のサインかも知れない。特に糖尿病の可能性もあるので、なるべく早めにかかりつけの医院もしくはお近くの病院で診察してもらうと良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ