健康のため長生きのためと言って、老体にムチ打って運動している人へ

友人のお爺さんの話ですが、健康のため長生きのためと言って、毎日近所をジョギングしていたそうなんです。

因みに御年78歳。

そろそろ80代の壁も迫って来たある日の事、ちょっと若い60代のジョギング仲間3人と一緒に4人で、ちょっと高原のジョギングコースに走りに行って来る!と行って仲間と出かけて行ったのです。

友人の家族の人は、とりあえず友人のお兄さんが心配だから付いて行くと言って、拒否していたお爺さんに無理矢理付いて行ったそうなんです。

お爺さんは、大丈夫大丈夫、俺一人で大丈夫!を連呼していたそうなんですが、帰宅する時はかなりぐったり疲労しきっていたそうなので、いつもより早めに休んでもらう事にしたそうです。

次の日、いつもは朝5時になったら必ず自分から起きてくるお爺さんがなかなか起きて来ないので、珍しく寝坊かな?と思った友人が様子を見に言ってみると、お爺さんが気持ち良く眠ったままの状態で息をしていなかったそうです。

すぐさま救急車を呼んで病院に搬送してもらいましたが、時すでに遅し。

お爺さんは、その後死亡が確認されました。

前日まで、あんなに健康そうにしかも楽しそうに走っていたのに、一体何故・・・?と家族の方は思ったのですが、死因を推察した医師の人は、急激に過度な運動をした所為で酸欠になったことが直接の死因では無いか?と言って来たそうです。

酸欠になって身体が動かなくなってそれで死んでしまうなんて・・・と考えましたが、ふと思い出した事がありました。

そうです、お爺さんはあの日、「高原のジョギングコース」で走って来る!と言って出掛けたのです。

出掛けて行った高原の標高が、1800~2000mだった事から、かなり下界より酸素濃度が低い筈なのです。

高原のジョギングコースは元々、陸上選手が大会前などの合宿で肺活量や呼吸法をトレーニングするために使うコースなので、当然普段から呼吸器系がしっかりしている人にオススメのコースになっているのです。

が、お爺さんの様に素人でしかも高齢の人が急にやって来て走ったら、当然酸欠を起こしても無理はないのです。

まだ、若くて体力ももっとある年代だったらこんな事にはならなかったんじゃないか?とも言っていたので、自分を過信し過ぎた結果と言う可能性もあった様です。

とにかく、死人に口なしと言う事で真実と言うかその日のお爺さんの疲労困憊状態を見た家族の人は、お爺さんがかなり疲れ切っていた姿を見ているので、あの時どうして病院に連れて行かなかったんだろう?と後悔しきりだったそうです。

と言う事で、もしいつもの運動の延長で何かチャレンジしてみたくなったとしても、自分の体力と年齢と挑戦しに行く場所の検討をよくしてから、無理なく挑戦して行って欲しいと思います。

何をしたら認知症になりにくいのか?

将来自分が老人になって誰かに介護されたりする様な状況になるとしたら、病沖で体が不自由になって、それが原因で介護される可能性が高い様です。

中でも問題になっているのが認知症で、よく前まではボケ老人などと言われていましたが、その名の通りボケて自分の家族の事も分からなくなって行ってしまう病なので、ふざけて軽んじて良い症状では無いのです。

ただ、この認知症、予防と言うかなりにくい状況を作る事が可能で、若い頃に何をして来たかとか趣味はどんな事をして来たのか。とか、そんな仕事を続けて来たのか!によっては全く症状が出ないで歳を重ねていく事が出来るのです。

では一体どんな事をして来た人が認知症の症状が出にくいのかと言うと、基本的に手指を細かく動かす様な作業に従事して来た人はボケにくいと言われて来ましたね。

何故手指を細かく動かしているとボケにくいのかと言いますと、指先は普段から繊細な動きが出来る様に多くの神経細胞が集結しています。

そのため、指をたくさん動かす事によって得られる情報を脳に伝達したりまた脳からの指令が到達したりするやりとりが、脳の広い範囲を活性化させないと可能にならない事から、認知症の症状が出にくくなると考えられているのです。

そもそも認知症は、脳の活動が低下して起こる病なので、普段から常時脳を活性化させ続けている状況を作ってさえいれば認知症の症状が出にくくなるのです。

なので、なるべくなら若いうちから日常的に指を動かしながらやる作業をし続けたり又は、ピアノを弾いたり裁縫をしたりして欲しいのです。

また、現代的にはパソコンのキーボードを打ち込んでブログを更新したりするのもまた、かなり脳を活性化させながら行う作業になりますので、認知症予防には打ってつけだと考えられているのです。

ただ、何をやっても楽しくない。どれも長くは続かない。と言う方も居られるかも知れません。

かなり歳を取ってから始める方も居られるでしょう。

その場合は、急がずゆっくり自分のペースで頑張れる別の方法を模索してみてください。

ピアノは難しいから別の指を使う楽器でも大丈夫です。

小中学生の時に吹く縦笛でも、指を使って音を調節して行くのでかなり脳の活性化に繋がると思います。

お年寄りにも人気の大正琴の演奏もまた、指を使って演奏するのでお勧めです。

と言う具合に、自分に合った指のトレーニング方法を見つけて、認知症にならない脳を作って行きましょう。

健康や美容のため1日どれ位の量の水を飲むのがベストなのか?

よく、朝起きたらコップ一杯の水を飲め!的な話を聞きますが、その理由は寝ている間に失われた水分を補給するためだったりします。

寝ている間にそんなにドコから水分が出て行った?寝起きでトイレに行ったアレかな?と思うかも知れませんが、それ以外にも結構寝汗をかいていまして、それが蒸発して水分を失って行くので、朝起きたら一杯の水が必要と言う事になるのです。

このコップ一杯の水がかなり重要で、ドロドロになった血をサラサラにもどしたり、乾燥したお肌に水分を潤わせたり身体に溜まっている排泄物の排出を促したりと、健康や美容にとても役立つのです。

そうやって知らず知らずのうちに人は汗をかいているのですが他にも、一日中家でじっとして殆ど動かない生活をしていたとしても、生きている限りは口から鼻から皮膚から呼吸してその呼気の中に含まれている水分が放出されて行ったりして、身体の中の水分がドンドン無くなっているのです。

特に汗を大量にかく夏場は、他の季節の倍以上の水分を補給するのが望ましいともされているのです。

では、1日当たりどれ位の水を飲むのがベスト?なのかと言うと、2L程度が妥当と言う話を耳にした事もあるかも知れません。

日中起きている時間もさることながら、起きている時間と同様に長い睡眠時間の事を考えると、日中に失われる量とほぼ同じ位の水分を失っている事にもなるのです。

そんな風に水分補給して人は生命を維持したり美容と健康を促進させたりしているのですが、じゃあ、2L以上水を飲んだらいけないのか?と言うとそんな事はありません。

ただ、頑張っても3L位が妥当の様です。と言うのも、あんまり水を飲み過ぎるとその所為で血が薄くなったり、水分が多過ぎて身体が全体的にむくんで来たりするという弊害も起きます。

過度に水を大量に摂取すると、人によっては水中毒と言う状況に陥るばあいがあるのです。

摂取していた水が、ただの水では無くて電解質を含むミネラルウォーターだった場合はまだたくさん飲んでいても大丈夫な場合がありますが、ただのキレイなミネラル含有率の低い軟水のミネラルウォーターだと、血中のナトリウム濃度が下がり過ぎて低ナトリウム血症と言う病になる場合があるのです。

なので健康のため美容のためと言って水をたくさん摂っている人が身近に居られましたら、あんまり大量に水を飲むのは控えた方が良い事を注意してみてください。

また、水分補給していないと喉が渇いて仕方がない!と言う人はもしかしたら別の病気のサインかも知れない。特に糖尿病の可能性もあるので、なるべく早めにかかりつけの医院もしくはお近くの病院で診察してもらうと良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ